2018年05月09日

真の日本再生への唯一無二の処方箋。。。


新たなステージへ移行するにあたり、長谷章宏公式ブログを再構成して、PC版サイト左欄の”アーカイブ&リンク集”「長谷章宏 公式ブログ」リンク下に記事への直リンク(→)を追加しました。


リンク先の各記事は作成から10年以上が経過していますが、この10年間に起きたいろいろな出来事、激動の世界情勢、各位の体験してきたこと等を重ね合わせながら2018年5月9日現在の各位の視点で変換して改めて読み直してみると、その内容がよりリアルに臨場感を増して感じられ、長谷章宏の真意がよりハッキリと見えてくるはずです。引き続き、リンク記事から先、長谷章宏公式ブログの他の記事にも目を通してみてください。



長谷章宏から各位へお渡ししてきた「真の日本再生への唯一無二の処方箋」を、これから先、混迷極まった現代社会の荒波を乗り切るための各位の羅針盤として、どうぞ有効に活用してください。


2018.5.9 長谷章宏
 
posted by HASE AKIHIRO at 08:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

混迷の日本そして世界 真日本再生への道しるべ

※「長谷章宏情報局」からの最新メッセージとして、1年前に開催した「2017特別講演セミナーin秋葉原4.09」の案内文(長谷教育コンサルティング公式ブログ 2017.3.24 記事)をそのまま転載、再掲します。


 黙示録的世界と新世界への道程のせめぎ合いが加速し世紀末の再来を感じさせるような社会状況が高まるにつれて、玉石混交の機密情報暴露合戦や人類滅亡予言の数々、”究極の願望実現テクニック”の勧誘合戦が巷を賑わせているようですが、長谷章宏が様々に形を変えて提示し続けてきたこれまでのすべての発信情報やこの1年間の動きも含めた世界情勢の変遷の歴史と現状、各位の実体験や現実と重ね合わせながら、現代社会の総決算の意味も兼ねて、今ここで改めて読み直してみてください。


 この先には、いったいどんな世界が、何が待っているのか? 掛け値なしの本当の真実とはいったい何なのか? 前代未聞のパラダイムシフトを乗り切るためにはいったいどうすればよいのか? 


 世界の、日本の、そして各位の行く末に待ち受けているものとは果たして....。








 
      今まさに、歴史上かつてない激動の時代。。。

 
 初めて出版した拙著『人生というゲームの新しい遊び方(たま出版)』のカバーコピーです。あれから23年、果たして時代は、日本は、そして世界はどうなったでしょうか。


 トランプ政権誕生と保護主義や民族主義の復活、宗教宗派対立に絡むテロの続発、イスラム難民問題、移民対策、民族対立、北朝鮮の核実験とミサイル発射、金正男氏暗殺、韓国大統領の罷免、中国の海洋進出、英国のEU離脱、TPP等の貿易問題、LGBT等の人権問題、財政赤字や貧富の格差の拡大、大規模地震や洪水、噴火、津波等の自然災害の頻発、原発再稼働、被災者支援、沖縄基地問題、エネルギー問題、地球温暖化対策、集団的自衛権、憲法改正論議、テロ等準備罪の是非、死刑廃止論議、個人情報保護、機密情報の漏洩、東京五輪、民泊、地方再生、天皇の生前退位、喫煙防止法論議、豊洲市場問題、森友学園問題、官僚の天下り、アベノミクスの功罪、カジノ法とギャンブル依存、スマホ依存、薬物汚染、非正規雇用の増加、ブラック企業、長時間労働と過労死、教育制度改革、少子高齢化の加速、少年法改正論議、待機児童問題、死生観の変化と火葬場不足、安楽死の是非、理解を超えた無差別殺人、自殺、うつ、難病、遺伝子操作、再生医療、食の安全、介護、年金、生活保護問題、教師や警察官の不祥事、いじめや虐待の深刻化等々。

 数え挙げればキリがありませんが、地球規模で解決すべき問題や対応すべき課題が、解決するどころか雪だるま式に膨れ上がり、まさに、頂上が見えないほどに山積しています。

 23年前もそして2017年の今も、目に見える世界は変われども、問題や課題の根底に流れる発生メカニズムや問題解決のノウハウの本質は何一つ変わっていません。
 
 根本的な解決を先送りにすることで「さらなる難問」を生み出し続けるという「堂々巡り」の悪循環の罠に嵌まり、いまだかつてない速度で次から次へと押し寄せる、いまだかつてない出来事への対応が追いつかないまま、解決するどころか、世界の、そして日本の混迷、混乱はどんどん加速度を増しているのです。

 「常識を超えた」「前代未聞の」「想定外の」等々の言葉が日常的に当たり前のように飛び交う現在の状況を見れば、『いよいよ「黙示録」の世界に突入したのではないか』と思っても不思議ではないほど、将来に対する不透明感、不安感、閉塞感が極限まで達していることは、もはや疑う余地はないところまできていると言っても過言ではありません。
 
 また一方で、科学技術の急速な発展は、IT技術の進歩によって日々進化する「AI(人工知能)」が現代社会の抱える課題を一気に解消し、便利で快適な未来社会が訪れるという明るい展望と同時に、歴史上の定説や過去の研究成果を覆す発見を次々ともたらすことで、人類がこれまで信じてきたものが真実ではなかったことも証明しています。


 ということで、このような情勢の中、2008年4月9日、即ち「長谷章宏の人生にとっての大転換点を象徴」する因縁の日、そしてすぐ後の6月に「日本中を震撼させた無差別殺傷事件」が起きた因縁の地にて、「教育勅語」論議=戦前回帰の風潮が高まり、世界の混迷が極まった感があるこのベストなタイミングで、久しく行っていなかった講演を軸とするセミナーを、自らの総決算も兼ねて復活させることにしました。


 「特別講演セミナー」と題したこのセミナーでは、足掛け26年に渡る、誰にも真似のできない独自の実地研究から導き出された、長谷章宏にしか語れない「迷走する世界、混迷する日本の諸問題の真相」の深層と唯一の解決策「真の日本再生への処方箋」を提示しながら、「誰もが本当に望んでいる世界」への道しるべをお渡していきます。また、教育のプロという立場で言うならば、精神医学的、心理学的な解決策が行き詰まる中で脚光を浴びている「アドラー心理学」ブームの落とし穴にも触れながら、「全ての問題は教育に帰結する」という信条のもと、今一度、「教育とは何か」という原点に立ち戻って、すべての既成概念を根本から覆す「教育問題の特効薬」という形でのご紹介をしていきます。


 先日報道された、フランシスコ法王の聴罪司祭に対する『悪魔払い師に頼れ』発言、世界を動かす黒幕とも噂されてきた「D.ロックフェラー氏の急死」に象徴されるように、これまでタブー視されていた議論が普通に語られ、世界を動かしてきた重要人物が次々と世を去っていく世界情勢の中、善くも悪くも、これまでの常識が何も通用しない「新しい時代の舞台の幕開け」が、いよいよ臨場感を増してきたようです。

 混迷を深めていく現代社会の総決算をするという意味においても、「歴史上、いまだかつてこれ以上ない」タイムリーなこの機会に、トータルライフコンサルタントとしての長谷章宏が満を持してご案内する「誰にも語ることができない『もう一つの新しい日本と世界』の未来」を、ぜひご自身で『体感』してみてはいかがでしょうか。


■日時:平成29年4月9日(日) 11:00〜13:00(10:30開場)終了しました
■場所:TKPガーデンシティPREMIUM秋葉原
               カンファレンスルーム2C アクセス
   〒101-0021
   東京都千代田区外神田1-7-5 フロントプレイス 秋葉原 2F/3F
     ●JR山手線 京浜東北線 総武線 秋葉原駅 電気街口 徒歩4分
    ●つくばエクスプレス 秋葉原駅 徒歩6分
    ●東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 3出口 徒歩7分
    ●東京メトロ銀座線 末広町駅 3出口 徒歩6分
    ●東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 B2出口 徒歩7分
■定員:70名(予約制/先着順) 
■会費:10,000円
■予約締切:4月7日(金)午後10時(以後は当日参加扱い)
      ※当日席( 席あり)

※当所主催セミナーの内容や予約方法については「主催セミナーの予約」の項をご覧ください。







2018.5.8 以上、長谷章宏からの最新メッセージに代えて。


■参考資料:
長谷章宏 Facebook
長谷教育コンサルティング Facebook
長谷章宏 Twitter
長谷章宏情報局 公式Twitter

posted by HASE AKIHIRO at 01:36| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

新天皇即位(新元号切り替え)まで1年。。。”最期の審判”

※2018.5.1付 長谷章宏(長谷教育コンサルティング)Facebook投稿記事の転載。


 ここにきて急に、真実、事実、秘密、機密、裏情報、隠された陰謀、誰も知らない裏のカラクリetc.を標榜する情報….が百花繚乱、秘密情報のはずなのに、「ここにしかない、ここでしか手に入らない」”秘密”の大公開キャンペーン?の乱立の大判振舞いですが、なぜ、今、この時期に、申し合わせたかのように、今まで隠されていた?「秘密」が「公開」されているのか?
 
 長谷章宏も含めて、いったい誰(の説/の情報)が真実(本当のこと/掛け値なしの事実)を語っているのか?
 
 いったいどの「神」が、本物?なのか? 神はいるのかいないのか? 宇宙の始まりはいつのなのか? ビッグバン、天地創造はあったのかなかったのか? 世界史の、宇宙の、文明の本当のルーツはいったいどこなのか? この世界の正体はいったい何なのか? 本当の秘密とは? 本当のカラクリとは? 本当の歴史の真実とは? すべての論争に永遠の決着をつけるただ一つの解とは?

 歴史上、かつて類を見ない、共食いの真贋論争(自説、持論、自身/組織の存亡を左右する、既得権益、生き残りを賭けた、消滅回避だけが目的の”最終”戦争?)の真っ只中.....。果たして、この先、いったい何が起きるのか? ハルマゲドン、最終戦争、最後の審判、天国、極楽、ミロク。。。の、本当の真実とは? 百人百様の、隠されていた「極秘情報」が”すべて”出揃ったようですが、果たしてその真実は? そして、世界の、日本の、いや、各位の行く末は?

 このままの「世界」が続くのか、全く別の世界が訪れるのか? 掛け値なしの本当の、ただ一つの、万古末代変わらない、宇宙の、この世の、歴史の、各位の現実の根底に流れ続ける真のメカニズムとは? すべての論争、葛藤を終わらせる、矛盾を解消する、新しい時代に”生き残れる”唯一の方法とは?
 
 諸説あれども、新天皇の即位、日本が歴史上かつてない大転換、真の”維新”を迎えるということは、今まで積み上げられた世界史が根底から覆されるということ。同時にそれは、「日本」が大きく動くことが”確実”であるという事実を直視し、ここで一度立ち止まって、各位の行く末、命運を真剣に考えるべき時が来た、ということです。実際のところ、本当の「機密情報」は表には出てくることはありません。表に出ている「象徴」情報から推測、洞察はできますが、議論している情報は双方とも「真の秘密」ではありません。矛盾しているようですが、本当の秘密は、文明の利器?を使う必要のない、誰もが触れられる、知ることができる、各位の一番近くにあるのです。真の機密情報は、どこにも隠すことはできません。

 世界や、社会や、宇宙や、日本や......この世の秘密や、裏情報や、陰謀論?の真贋論争に明け暮れる前に、まずは、ご自身の生き様の総決算を強くお勧めします。

 崩御ではなく、生前退位による、計画的(意図的?)に実行されていく天皇の交代が現実となる、”ラストエンペラー”の即位まで一年となった本日。今まで先延ばしにしていた、誤魔化していた矛盾、問題が、汲めども尽きない型示し、挙げればきりがない事件、事故、災害、不正、隠蔽、捏造事案....が堰を切ったように噴出(噴火)し続けている今ここで各位へ、現代社会の総決算を兼ねて、改めて長谷章宏から”真の命に関わる”問いかけを。

さて、どうしましょうか?
posted by HASE AKIHIRO at 13:49| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

おしらせ

長谷教育コンサルティングの運営を再開します。「長谷章宏情報局」関連の予約制ライブセッションの予約受付各種情報提供の手続きについても長谷教育コンサルティングのシステムにて運用し、当所事務局を窓口とします。なお、プライベートセッションの料金並びに「情報提供等のご依頼」の項について改定されていますので、再度ご確認の上でご利用ください。

posted by HASE AKIHIRO at 06:30| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

現代社会の総決算。。。原点回帰へ

本当のところ世界で今、何が起きているのか。





真実を見失い、混迷極まった現代社会の日本。


歴史上、いまだかつて誰も経験したことがない
前代未聞のパラダイムシフトを乗り切るための
史上初見の、ここにしかない唯一無二の処方箋。



真日本再生への提言(長谷章宏情報局 2017.11.13)


現代社会の総決算。。(奥蜻蛉通信.net 2017.7.20)


長谷章宏 Twitter (2018.2.14 4:40 へ) 補遺



真の復活への、起死回生最終プロジェクト始動!





2.11 建国記念の日に寄せて、メッセージを再度。


 2018.2.11 長谷章宏情報局 長谷 章宏
posted by HASE AKIHIRO at 05:15| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

お知らせ

諸情勢の変化に伴いまして、本日以降、一時、長谷教育コンサルティングの運営を停止し、長谷章宏情報局に統合した形での情報発信並びに情報提供とさせて頂きます。

長谷章宏からの情報提供(プライベートセッションも含む)につきましては、すべて長谷章宏情報局を通してお引き受けしますので、ご希望の方は「情報提供のご依頼について」の項に記載された内容をご承諾の上、手続きに従ってご依頼ください。

posted by HASE AKIHIRO at 22:47| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

長谷教育コンサルティング システムリニューアル

長谷教育コンサルティング運営システムのリニューアルが完了しました。主催セミナー、実践講座等の開催については、日程が決まり次第、本サイトにてお知らせします。


posted by HASE AKIHIRO at 04:09| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

長谷章宏ゼミナール Vol.1

*2018.1.5公開

 2018以後の世界の行く末、日本のあるべき本来の姿、日本人としての生き方等々についての議論に終止符を打つべく、時事問題や世界情勢、人類の歴史の根底に隠された誰も気づいていない本当のカラクリを明かし、真贋論争の絶えない玉石混淆の都市伝説や裏情報、極秘情報についての本当の真実を紐解いていきます。そして、「本当のところ世界(日本)では今、いったい何が起きているのか」「何が真実なのかわからなくなった混迷を極める世界情勢の中、歴史上かつて誰も経験したことのない大転換をどう乗り越えていったらよいのか」といった、誰もが知りたがっている問いに対する長谷章宏情報局独自の視点と長谷章宏にしか語れない実践的なノウハウから導き出された最終回答を提示します。

 当日は、最新の社会情勢や時事問題を加味してアップデートした最新情報をベースに、受講者各位の疑問、課題、反応に合わせてテーマ設定やアプローチの仕方をリアルタイムで切り変える形で進行しながら、個人的な課題も含めた現代社会における諸問題についての掛け値無しの抜本的、根本的解決策を、受講者各位の現状に合わせたタイムリーでレアな情報にカスタマイズされた「すぐに使える生きた実践的ノウハウ」としてお渡ししていきます。

 受講者各位が新しい時代に向けたかつてないパラダイムシフトを乗り切るための一助として、日本の、ひいては世界の真の再生、復活への革新的提言として提示される「ここにしかない唯一無二の羅針盤」を最大限、有効にご活用ください。

日時:2018.1.13(土) 13:30〜17:30
受付:13:00〜13:30
会場:TKP京都四条烏丸カンファレンスセンター ホール2A
   京都府京都市下京区仏光寺通室町東入釘隠町247番
              コーエーレオ2F →アクセス
定員:100名(当日の受講申込書先着順受付とします)
会費:30,000円(時間内同額/現金払のみとします)

「セッション受講について」に同意の上でご来場ください。
posted by HASE AKIHIRO at 07:36| 長谷章宏ゼミナール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

長谷章宏ゼミナール Vol.0

*2017.12.16公開

長谷章宏からの発信情報を統合した情報提供の新しい形として、長谷章宏情報局主催の「長谷章宏ゼミナール」を開講します。

初回のVol.0は、これまでの総決算と長谷章宏情報局のリアルなご紹介を兼ねて、2018へのプロローグ的なテーマを題材に長谷章宏ゼミナールのエッセンスを体感していただけるようなプログラムを設定しました。

受講者の反応に合わせてリアルタイムでアプローチの仕方を変えていく形で、現代社会における諸問題の解決策、都市伝説や裏情報の本当の真実、2018以後の展望等のテーマについて、時事問題や世界情勢の根底に隠された誰も気づいていない本当の真実を紐解きながら、「本当のところ世界(日本)では今、いったい何が起きているのか」「何が真実なのかわからなくなった混迷を極める世界情勢の中、歴史上かつて誰も経験したことのない大転換をどう乗り越えていったらよいのか」という問いに対する長谷章宏情報局独自の視点と長谷章宏にしか語れない実践的なノウハウから導き出された最終回答を提示していきます。

日時:2017.12.26(火) 13:00〜17:00
受付:12:45(入室可能時刻)〜13:00
会場:TKPスター貸会議室 東京駅八重洲
    東京都中央区八重洲1-5-10
    井門八重洲ビル3F 301 →アクセス
定員:30名(当日の受講申込書先着順受付とします)
会費:30,000円(時間内同額/現金払のみとします)

確認事項:
1.氏名、電話、アドレス記載のメモを受講申込書とします。
2.受付時間内に満席となった場合はその時点で締切ります。
3.空席がある場合には途中受講できますが会費は同額です。
4.退席は自由ですが再入室の際は受講票の提示が必要です。
5.受講終了による退室の場合は受講票を返却してください。
6.受講途中で受講票が返却された席は空席として扱います。     
7.受講できなかった場合でも交通費等の補償はできません。
8.お支払い後の返金は理由の如何を問わず一切できません。
9.独自の実地研究に基づく見解による情報提供となります。
0.受講に起因する一切の結果については自己責任とします。

受講確定条件:
公開日以後に改定の告知がある場合には、受付開始15分前に掲載の記載事項を確定版とします。受講申込の際に再度ご確認ください。申込書提出後の会費の支払をもってすべての記載事項に同意したものとし、受講確定とします。


以上の記載事項のすべてに同意した上で、ご来場ください。


posted by HASE AKIHIRO at 09:19| 長谷章宏ゼミナール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

真日本再生への提言

長谷章宏情報局開設のご挨拶と『真日本再生への提言』を兼ねて、混迷を極める「現代社会の真相」の深層を27年間に渡る長谷章宏の実地研究から導き出した独自の視点から紐解き、誰にも真似のできない独自のノウハウに基づく問題解決法のツールとしてまとめた「(通称)長谷本」の集大成である『真正 実践日本心道』(PDF書籍)を公開します。

現代日本が封印した本当の命の道

『真正 実践日本心道』

第二章〜第七章 本編は市販本(たま出版 刊)
第一章、第八章 本編は自費出版本TLC匠 委託)
*上記の第一章〜第八章は、当サイト「アーカイブ&リンク集(#著書)」より本文を閲覧できますが、刊行書籍からの転記による掲載のため正確性は保証できません。
第九章  分かれの神ふみ(PDF)
第十章  最終神示(PDF)
(2008年5月1日 新改訂初版第1刷 発行)

 本書刊行後9年(初版第1刷刊行2007.5から10年)半が経過していますが、今に至るその過程はまさに、「歴史上いまだかつてない激動の時代」を地で行く、前代未聞、想定外、異例という言葉が日々飛び交う急激な変化の連続であることを誰もが実感する日々であったことはご存知の通りです。当然のことながら、この間も長谷章宏の実地研究は継続され、その過程で起きた編著者個人のリアルな体験や刊行後の時流の変遷、諸情勢の変化を加味したタイムリーな最新情報を講演会やセミナー、ブログ等で発信(本書もくじ:補遺1.&2.)し続けてきました。

 今回、改めて全文公開するにあたっては、文面は同じですが、以上の過程を統合した『真正 実践日本心道』(2017.11.15 改訂新版 PDF)という全面改訂版としての位置づけで、各位のお手元にお届けします。なお、奥付に記載されている案内文にあるサイト、リンク、頒布&公開システム等は発行当時のものですので、上記の事情を勘案して頂き、最新情報に変換の上でご利用ください。

 2008.5.1発行当時の本書は申込者への電子メール添付書籍として限定頒布の形で公開していました。書籍代金の支払いシステムについては受付番号での管理をした関係上、本書にあるような表現になっていますが、今回はサイト上での全文公開となりますので、支払いシステムの該当部分(代金振込時の受付番号の入力)に関しては無視してください。


 時節の変化に鑑みて、今回、長谷章宏情報局を開設するのにあわせ、『真正 実践日本心道』全文をサイト上で一般公開しました。限定公開だった書籍の全文一般公開が何を意味するのか斟酌の上で、混迷極まった現代社会における問題解決の一助として、各位、各方面で、どうぞ有効にご活用ください。

以上、長谷章宏情報局についての長谷章宏流のご紹介を兼ねた、第1回の記事を。


posted by HASE AKIHIRO at 19:54| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予約制セッションの受講手続きと確認事項


*2018.9.2告知/9.28(支払方法と確認事項改定)


■予約手続き:

・予約受付期間に 事務局 予約受付電話: 075-634-3051(予約受付指定時間内/担当者が出ない場合は再度お掛け直しください) へ予約を入れてください。
・予約希望セッション名、氏名、連絡可能電話番号をお申し出いただいた後、受付番号を発行しますので、メモにお控えください。
・予約とは、席の確保を意味し、会費は席確保料となります。上記の項目をお申し出になった時点で、取消料が発生します。
・会費振込完了後、下記の事項を 振込連絡アドレス:office●miyakonokaze.jp(●を@に)までメールにてお知らせください。メール記載の項目を当日の受講者リストに掲載しますので、下記のメール記載事項を当日の受講メモ(受講申込書)にそのまま転記してください。

【件名】「(予約したセッション名)」会費振込完了の件
【本文】1.受付番号 2.氏名 3.予約時にお申し出いただいた連絡先電話番号 4.会費振込日時 5.振込名義人名 6.受講者リストに掲載希望のメールアドレス (送信アドレス以外でも可)

※取消料振込の場合も【件名】の「会費」を「取消料」に替えた上で、上記の事項をメールにてお知らせください。


■支払方法と確認事項:

・会費は、予約電話を入れた日を含めて金融機関の3営業日目(左記の最終入金指定日がセッション開催日まで金融機関の3営業日未満となる場合は、この項に関わらず、開催告知欄の支払最終期限日)までに指定口座に入金されるように振込むものとします。
・振込手数料は受講者の負担とします。
・入金指定日の入金確認をもって予約成立とします。最終入金指定日翌日以降に予約を取消した場合には、入金済みの会費は取消料に充当します。
・指定日に入金確認ができない場合は、予約を取消します。当日お越しになっても受講できません。当方からの未入金の旨のご連絡はできませんので、指定日に指定口座へ確実に入金されるようにお振込ください。
・上記について、現に会費の振込が未済の場合には、当該セッション開催日翌日以降の最初の金融機関営業日までに会費と同額の取消料を指定口座への振込によりお支払いただきます。
・次回以降の予約は、入金指定日までの会費又は取消料の入金が確認済みの場合のみお受けします。
・セッション開催日の翌日以降の最初の金融機関営業日に取消料の入金確認ができない場合は、当該セッション開催日以後に開催されるすべてのセッション(プライベートセッションも含む)について予約はお受けできません。
・当日提出の受講申込書(受講票)と受講者リストの記載内容が一致しない場合は受講できません。ただし、当方にて会費の入金が確認済(取消料に充当します)と判断した場合かつ当日受講受付可のセッションで空席がある場合に限り、再度、現金で会費をお支払いいただくことを条件に受講をお受けします。この場合の受講申込手続き等は当日受付の規則を準用します。


【振込指定口座】

 三菱UFJ銀行 神田駅前支店 普通 1629932 名義人:長谷章宏

※会費、取消料の振込の際の注意

・予約時に受付番号(セッションごとに記号、桁数が異なります)を発行します。本人照合のため、振込の際の振込人欄には、必ず、受付番号-氏名の順 でご入力ください。

 入力例:受付番号 20180902A100 の ハセアキヒロ (←予約者ご本人の氏名)様 の場合は、
      20180902A100 ハセアキヒロ となります。



■その他の確認事項:

※定員を超える予約受付、受講申込はお受けできません。

※セッション受講に関わる告知事項、確認事項等をよくお読みになり、すべての記載事項に同意の上でご予約ください。

※お支払済みの会費のご返金は、当方の都合による中止の場合を除き一切お受けできません。 当方都合による中止の場合、当方の弁済の範囲はお支払い済みの会費の返金のみとさせて頂きます。

※予約受付期間終了後の予約確定人数、当日の空席の確認も含めた電話、メール等での事前問合わせ、セッション開始前のご質問には一切お答えしません。当サイト内の記事、長谷章宏著書並びに告知事項等をよくお読みになった上、各自でご判断ください。

※セッション実施に関して変更、改定等が生じた場合は随時、当サイト該当欄に掲載しますので、随時、ご確認ください。確認を怠ったことによる損害等については、当方では一切補償いたしません。

posted by HASE AKIHIRO at 13:36| 京都 ☔| ▽予約制セッションについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セッション/ライブ講座について

*2018.1.2告知/2018.1.5/2018.8.17/2018.9.1 改定


以下の実施要項(開催告知ページを含む)をよくお読みになり、記載事項のすべてに同意した上で、ご来場ください。



講座内容:

 2018以後の世界の行く末、日本のあるべき本来の姿、日本人としての生き方等々についての議論に終止符を打つべく、時事問題や世界情勢、人類の歴史の根底に隠された誰も気づいていない本当のカラクリを明かし、真贋論争の絶えない玉石混淆の都市伝説や裏情報、極秘情報についての本当の真実を紐解いていきます。そして、「本当のところ世界(日本)では今、いったい何が起きているのか」「何が真実なのかわからなくなった混迷を極める世界情勢の中、歴史上かつて誰も経験したことのない大転換をどう乗り越えていったらよいのか」といった、誰もが知りたがっている問いに対する長谷章宏情報局独自の視点と長谷章宏にしか語れない実践的なノウハウから導き出された最終回答を提示します。

 当日は、最新の社会情勢や時事問題を加味してアップデートした最新情報をベースに、受講者各位の疑問、課題、反応に合わせてテーマ設定やアプローチの仕方をリアルタイムで切り変える形で進行しながら、個人的な課題も含めた現代社会における諸問題についての掛け値無しの抜本的、根本的解決策を、受講者各位の現状に合わせたタイムリーでレアな情報にカスタマイズされた「すぐに使える生きた実践的ノウハウ」としてお渡ししていきます。長谷章宏情報局提供のセッションやライブ講座そのものが『超自分』教育実践トレーニングのエッセンスを体感できるようにデザインされていると同時に、プログラムのアップデート(バグの修正)や自己のトレーニングプロセスの方向性の再確認等、”プログラムの定期的な修正メンテナンスの場”として用意されたものですので、その点も意識しながら、どうぞこの機会を効果的にお使いください。



確認事項:

1.氏名、電話、アドレス記載のメモを受講申込書とします。
1-1 予約制の場合は受付番号、振込日時、振込名義も記載。
 上記6項目とリストが一致した場合のみ入室可とします。
2.受付時間内に満席となった場合はその時点で締切ります。
3.空席がある場合には途中受講できますが会費は同額です。
4.退席は自由ですが再入室の際は受講票の提示が必要です。
5.受講終了による退室の場合は受講票を返却してください。
6.受講途中で受講票が返却された席は空席として扱います。     
7.受講できなかった場合でも交通費等の補償はできません。
8.お支払い後の返金は理由の如何を問わず一切できません。
9.独自の実地研究に基づく見解による情報提供となります。
0.受講に起因する一切の結果については自己責任とします。



受講確定条件等:

公開日以後に実施要項(本項を含む)の内容について変更(延期、中止を含む)がある場合には、その都度、改定日を表示します。受講受付開始15分前に掲載されている最新の改定日の記載事項を確定版としますので、受講申込の際に再度ご確認ください。受講申込書提出後の会費の支払(予約制の場合は、受講申込書の記載6項目と受講者リスト記載内容との一致)をもって当該セッションに関するすべての記載事項に同意したものとし、受講確定とします。



 受講者各位が新しい時代に向けたかつてないパラダイムシフトを乗り切るための一助として、日本の、ひいては世界の真の再生、復活への革新的提言として提示される「ここにしかない唯一無二の羅針盤」を最大限、有効にご活用ください。


posted by HASE AKIHIRO at 00:00| ▽ セッション受講について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

情報提供のご依頼について


*2018.1.29告知/2018.3.20/2018.9.2 改定



長谷章宏情報局では、各種情報提供(講演、セミナー、コンサルティング等)のご依頼をお受けします。セミナー、講演、コンサルティングをはじめ、出張プライベートセッションや合同プライベートセッションの形でお受けすることもできますので、下記【検討参考資料】、本サイト内(アーカイブ&リンク集を含む)にある各種記事、長谷章宏著作等を参考にご検討の上で、「主催者」「担当者」「連絡先」とご依頼内容(※)を明記し 事務局 までメール、FAX、お手紙にてお気軽にお問合せください。

ご依頼の内容(※ご依頼の趣旨、内容、形式、テーマ、日時、人数、会場、報酬等の条件)を当方にて検討させて頂いた上で、お引き受けの可否も含めた詳細につきまして、後日、あらためてご連絡いたします。なお、ご依頼の内容によりましては、お返事までお時間をいただく場合もありますので、その点、あらかじめご承知おきください。




【検討参考資料】

旧「長谷教育コンサルティング」関連テーマの情報提供》

セミナー、講演、コンサルティングの形を通して、『「教育」とは何か?』『教育はどうあるべきか?』『現代社会における教育の役割』『教育問題の背景にある原因とメカニズム』『学校における宗教教育や道徳教育のあり方』『宗教的(哲学的)な問題と教育問題との関係性』といった「教育」についての議論をする上でのベースとなる根源的、普遍的なテーマに関する考察や、学校教育における諸課題(教科指導/進路指導/生徒指導/学校運営/学級運営/教師間や生徒間、教師と生徒間、保護者と教師間のコミュニケーション/生徒や教師に対するカウンセリング/いじめ、パワハラ、教師の不祥事/家庭や地域と学校との連携/学校における危機管理等)、教育システムの制度設計、生涯教育(人生設計)、社会教育、家庭教育、人材教育や自己啓発(能力開発)についてのノウハウやテクニックなど、教育全般に渡る問題解決のための実践的、実用的なヒントを今までにない独自の視点からご提供します。


《「長谷章宏情報局」関連テーマの情報提供》


現代社会に存在する様々な問題の現状とその背景を俯瞰的に振り返ると同時に、既存の解決策の限界について再検討しながら、誰も真似のできない独自の実地研究から導き出した「あらゆる問題解決に使えるすぐに役立つ新しい実践的ノウハウ」をご提案していきますので、教育問題に限らず、個人的な問題から社会問題まで、皆さんのお悩みの解決や自己実現(自己啓発)への情報収集の一助としてどうぞご活用ください。 


▼参考記事:長谷プロジェクト実践講座/『真・新しい時代を生きる人間学』。。。開講





★個人情報の取り扱いにつきましては「プライバシーポリシー」の項をご覧ください。

 
posted by HASE AKIHIRO at 22:23| ▽情報提供のご依頼について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロジェクト支援について

*2018.2.7告知/2018.8.7改定 


■現代社会での実績をもとにした審査評価システムにおいては、これは長谷章宏の実際の資金調達経験から言えることですが、本プロジェクトの進行過程の持つ特性により、証券市場や銀行からの資金調達はもとより、現行のクラウドファンディングシステムの俎上にも乗せられない関係上、長谷章宏流のクラウドファンディングにてのお願いとなります。

本プロジェクトにおける資金調達の特殊性をご理解の上で、賛助金という形での最終プロジェクトへのご賛同、ご支援が可能でしたら下記の口座よりお願いいたします。もちろん、講演会等の当日にお申し出頂いても結構です。なお、ご支援の成果につきましては、長谷章宏よりの各種情報発信をもちましてご報告並びに返礼に代えさせていただきます。

今後の最終プロジェクトの企画、進行、運営をより自由に、スムーズに展開していくため、是非とも各位のご協力をいただければありがたく存じます。



▶︎ご支援にあたっての参考資料:

真正 実践日本心道(PDF)、著作集

真日本再生への提言(当ブログ記事)

*長谷章宏名義の各ブログ並びに関連サイト、本プロジェクトの価値をご理解いただくための比較検証の材料(参考資料)として提示する長谷章宏以外が発信している外部サイト(「長谷章宏情報局」ブログのアーカイブ&リンク集

TwitterFacebook等SNSにてのリアルタイム発信



■ご都合に合わせて、下記のいずれかの口座をご利用ください。なお、振込手数料につきましては、支援金の一部ということでご負担にご理解いただければと存じます。


*ご支援者の確認の都合上、
お手数をおかけしますが、

件名欄:支援金振込の件

お名前
住所(都道府県)
振込日
振込先銀行名
振込金額

を下記アドレスまで送信ください。

tlc_ah-office54★blue.ocn.ne.jp



銀行振込
     
三菱UFJ銀行 京都支店
普通 1428449 名義人:長谷章宏

みずほ銀行 京都支店
普通 1079732 名義人:長谷章宏

三井住友銀行 新大阪支店
普通 3972967 名義人:長谷章宏

郵便振替

00110-8-573137 加入者名:長谷章宏

posted by HASE AKIHIRO at 22:23| ▼ プロジェクト支援について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プライベートセッションについて




【参考資料】

 旧 長谷教育コンサルティング

プライベートセッション


(2016.12.06/2018.1.17/2018.3.20/2018.9.2 改定)

宗教と科学を統合した独自の理論と一般的な心理カウンセリング、スピリチュアルカウンセリング、コーチングセッション、潜在意識活用法等の問題解決法を実際に比較検証を繰り返して開発した独自のテクニックを駆使して、無理なく、無駄なく、最短距離で、本当の問題解決へのサポートをいたします。


当所のプライベートセッションの特長

■完全オーダーメイド

悩みや疑問、課題、問題の本質、本当の原因にアプローチしながら、ご自身の問題をご自身で解決することができるように、一人一人の持っている知識、常識、問題等にあわせて個別にデザインされたプログラムによる完全オーダーメイドのセッションを進行していきます。問題解決のサポートに限らず、スピリチュアルな分野や精神世界といわれている分野、陰謀論やオカルト系と呼ばれる都市伝説に分類されているような分野などの、アカデミズムから除外されている分野に関する議論についても独自の視点からの情報提供が可能です。

心理カウンセリング、スピリチュアルカウンセリング、プライベートコーチング、潜在意識活用法等を統合した独自の理論とテクニックを用いることにより、俗にいう霊現象、霊障等と思われるような医学や心理学等のテクニックでは対応不可能な事例や心理カウンセリングとスピリチュアルアプローチが同時に必要な事例、マインドコントロールの解除、カウンセラーや霊能者、宗教等を渡り歩いても解決しない、あるいは、解決してもまた再発した、以前よりもひどくなった等のような特殊案件への対処も可能ですので、もう無理だとあきらめる前に、まずは当所にお越しください。

※特別な道具や薬等の物質的媒体を使用しないどなたにでも使える方法でノウハウやテクニックをご提供していきます。

※医療行為による身体的症状、精神的症状の改善を目的にされている方や、社会システムにおける有資格者(医師、会計士、税理士、弁護士、司法書士等)による解決(医学的な処置、法律相談、経営分析や税務会計を含む法的対処等、免許資格が必要な処方)が必要だと思われる事例につきましては、診断、投薬等の医療行為や法的解決を伴わない形での当所独自のアプローチによる解決法をアドバイスさせて頂きます。

※当所のセッションは、ご自身の問題をご自身で解決しようとする意志に比例して効果が得られるセッションであることをあらかじめご理解の上でご利用ください。

■専門家のスキルアップや情報収集にも

実地検証を繰り返して独自に開発した「ここにくればすべて解決できる」と実証済みの最高度のノウハウと、当所独自の方法で収集、検証した「ここでしか答は得られない、ここにしかない超極秘情報」「公開されている裏情報の本当の事実」についての独自情報をご提供します。

精神科医、カウンセラー、コーチャー、教師といった専門職のスキルアップや、親御さん、管理職等の指導的立場の方々の見方、考え方、価値観の転換へのヒント、学者、評論家、研究者、アマチュア研究家の情報収集、持論の裏づけ、検証等のための情報提供や、スピリチュアル系のリーダー、霊能者等のような方々に対する既存のアプローチでは難しいノウハウやテクニックのブラッシュアップのセッションもお受けできますので、とうぞお気軽にご利用ください。

■セッション料金について

長年の実地研究に裏打ちされた独自の情報と独自のノウハウを用いてセッションを実施しますので、従来のカウンセリングに比べてセッション料金が高額*となっていますが、今までどこにもなかった究極の問題解決テクニックで、セッション料金に見合う価値をご提供いたします。

* 1名あたり 1枠 90分 80,000円 (2名まで可)

■その他

セッションのご利用につきましては各自の自己責任となりますが、セッションに関して問題(一般的に言われるところの苦情、不満等)が生じた場合には、その部分に対して、ご自身の気づかない固定観念がありますので、その問題自体をセッションの対象とすることによってさらに深いセッションを実施することができます。これを繰り返していくことにより、最終的な問題解決に至ることができます。これは、当所にしかできないフォローアップです。


日常生活上でのほんの些細な悩み、疑問から国際問題、死後の世界、輪廻転生、霊現象まで、あらゆる問題に対応できますので、こんなことを聞いたら、と遠慮なさらずに、お気軽にご利用ください。

ご自身の悩み、疑問、問題を完全に解決して本当に自由になるために、当所のプライベートセッションを有効にお使いください。



▼参考資料:『超自分』教育とは長谷章宏情報局




(予約手続きの項 略)




■留意事項

※セッション料金、取消料ともお支払い後の返金はできません。

※当方の都合によるセッション中止の場合の当方の弁済の範囲は、セッション料金の返金のみとさせて頂きます。
    
※セッションは「完全自己責任」に同意の上でご利用ください。セッションをご利用になった結果についてのクレームは一切お受けできませんので、「当所のプライベートセッションの特長」をよくお読みになり、ご了解の上でお申し込みください。



ご予約からセッション終了までは勿論、その前後のプロセスを含めたご自身のすべての体験がセッションの「教材」となりますので、ご自身の問題解決の一助として当所のプライベートセッションを最大限、有効にご活用ください。






▼2018.9.2 現在、セッションルームでのプライベートセッションは実施しておりません。

▼出張でのプライベートセッション(ご依頼内容と拘束時間に応じた、交通費等の経費を含むコンサルティング料金となります。)、合同プライベートセッション(外部の会場において当所のプライベートセッションのシステムに準じた形で複数枠を設定して実施するプライベートセッション。人数と拘束時間に応じた、交通費等の経費を含む出張セッション料金となります。→【参考】「(旧)長谷教育コンサルティング/プライベートセッション」)をご希望の場合は「情報提供のご依頼について」の項をご覧の上、お問い合わせください。

posted by HASE AKIHIRO at 22:23| 参考*プライベートセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする