2019年09月02日

長谷教育コンサルティング リニューアル(運営再開&情報局統合)のお知らせ


これまでの長谷章宏情報局発信情報並びに各方面の諸情勢の現状についてリアルタイムでの再検証の結果、長谷教育コンサルティングをリニューアルし、長谷章宏情報局発信情報を統合したリアルステージ発信拠点として運営を再開することになりました。以後の発信は、新生「長谷教育コンサルティング 公式ブログ」をご覧ください。なお、当ブログの投稿はそのまま残しておきますので、必要に応じて参考資料としてご利用ください。
 
posted by HASE AKIHIRO at 02:36| 京都 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

【緊急開催】2019 長谷章宏緊急講演セミナー in 京都

*8.20 公開


 
演 題:教育の原点から紐解く現代社会の闇


 新しい時代の本当の生き方とは? 

「学校教育」の問題の根源と抜本的解決法...

 現代社会「日本」の再生、復活への再教育プロジェクト...
 
 あらゆる問題の根源は「教育」にある...


(*当ブログ 2019.7.8 記事:「長谷章宏の原点...」より)

教育の原点に立ち戻って、混沌混乱が極まった感のある現代社会の諸問題の根源(それは同時に、受講者各位の個人的な悩みや問題、課題を産み出した深層にある根源的原因でもあります)に潜む深層のメカニズム、巷に溢れる真実(秘密)暴露情報の真贋(論争)や乱立する(究極の)成功プログラムの盲点(トリック)も含めた現代社会の行く末を左右する重大関心事について長谷章宏独自の実地検証の成果を総動員してわかりやすい具体例を交えながら紐解いていくことにより、混迷の現代社会に生きる受講者各位の個人的な問題から国際情勢まで問題解決へのヒントと未来への展望をお渡しします。

時節柄、行き詰まりの打開策として小手先のテクニックや視野の狭い重箱の隅をつつくような情報が氾濫している今、現代社会の緊急事態だからこそ、あえて深呼吸して落ち着いて世界の、日本の、自分の本当の姿を見つめ直してみる.....。ここであらためて「教育とは何か?」という大きな(根源的な)視点から「今本当は何が起きているのか?」そして「これからどう生きたらよいのか?」という問いへの答え、本当の意味での新しい時代の生き方、日本の、ひいては世界の再生へのビジョンを誰にでもわかるようにクリアに描き出す、長谷章宏にしか渡せない処方箋をぜひともお受け取りください。

当日は、受講者各位との質疑応答を交えながらライブセッションに近い形で進行していく講演セミナーとなりますので、長谷章宏にしか提供できないこの貴重な機会をどうぞ有効にご活用ください。


 
日 時:2019(令和元)年8月24日(土) 13:30〜17:30 終了しました
(※ 進行状況に合わせて適宜、10分〜20分の休憩を入れます)

受 付:13:00〜13:30
(※ 受付締切時刻前に満席になった場合には講演を開始します)

会 場:TKP京都四条烏丸会議室 第2会議室 →アクセス
※ 京都府京都市下京区四条通り柳馬場西入ル立売中之町104 井門四条ビル7F

定 員:45名 *当日の受講申込書先着順受付とします

会 費:オープン価格(後払い)*趣旨、方法などの詳細は講演内にて説明します。

 
確認事項:

*下記の項目を記載したメモ(ハガキ大)を受講申込書(兼受講票)とします。
(*以下の項目を順に記載したハガキの大きさの紙又はカードを予めご用意ください。)
「受講講座名、日時、受講者名、住所、連絡先電話番号、メールアドレス」

*受付終了時刻前に満席となった場合は受付を締切り、講演を開始します。
*講演の進行状況により、終了時間を20分前後延長する場合があります。

*講演中の途中離席は自由ですが再入室の際は受講票を確認させて頂きます。
*講演終了(又は自己都合で受講を途中終了)の退室時に受講票を回収します。
*受講途中で受講票が返却された席は受講終了とみなし空席として扱います。
*空席がある場合には講演開始後でも受講申込をお受けすることができます。 

*講師発信による各種公開情報内容を予習してから受講することを推奨します。
*講演内容は講師の実地検証成果に基づく独自の見解として公表するものです。

*録画、録音等は講師の許可(利用条件の指定)がある場合を除き禁止とします。
*講師の講演記録保存用の録画又は録音をする場合は当日会場にて告知します。
  
*理由の如何を問わず、受講できなかった場合の交通費等の補償はできません。
*お支払(当方での入金確認)後の返金は、理由の如何を問わず一切できません。

*当講演の受講に起因する一切の事象については受講者の自己責任となります。

*当方主催による、講師を交えた講演後の懇親会(親睦会)の設定はありません。
*運営の都合上、空席状況の確認を含めた講演前のご質問はお受けできません。
*講演時間内の空席状況の問合せはお受けできませんので直接ご来場ください。

 
 
受講確定条件等:

*公開日以後に実施要項(本項を含む)の内容について変更(延期、中止を含む)がある場合には、その都度、改定日を表示します。
*受付開始2時間前に掲載されている最新の改定日の記載事項を確定版としますので受講申込(来場)の際に再度ご確認ください。
*受講申込書(受講票)の当方への提出をもって当講演セミナーに関するすべての記載事項に同意したものとし受講確定とします。



以上の実施要綱をよくお読みになり、記載事項すべてに同意の上でご来場ください。
 
posted by HASE AKIHIRO at 22:23| 京都 | 長谷章宏ゼミナール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

【予告】2019 長谷章宏緊急講演セミナー in(京都)


*実施の可否も含めた詳細は、諸情勢の推移を勘案の上、追ってお知らせします。
 
posted by HASE AKIHIRO at 02:23| 京都 | 長谷章宏ゼミナール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

長谷章宏の原点...


新しい時代の本当の生き方とは? 

「学校教育」の問題の根源と抜本的解決法...

現代社会「日本」の再生、復活への再教育プロジェクト...
 


あらゆる問題の根源は「教育」にある...
 


『教師退職後の28年間に渡る独自の実地研究から導き出した誰も真似のできない視点で教育問題の解決をサポートすると共に、現代社会の課題への解決策や新しい時代の生き方等、真の日本再生へ向けた提言も行っています。』(*長谷章宏Facebook自己紹介より)
 


長谷章宏は、教師時代を含めたここまでの34年間(生まれてからこれまでのすべての人生体験を含めれば58年間)、常に一般社会に足場を置いて自らを実験台として一切の妥協を排して「一般庶民」の視点から実地検証し続けてきました。言い換えれば、教育問題から個人の生き方、ひいては国際問題からオカルト?まで、現代社会に存在するあらゆる現象とその裏に潜む問題の根源を実体験を通して肌で感じながら「(学校教育も含めた大きな意味での)教育のスペシャリスト」として「(掛け値無しで)誰もが自由に安心して生きられる社会」を実現(復活)するための「誰もが参加できる日本再教育プロジェクト?」を模索、追及してきました。

これまで長年に渡り、著書も含めた各種媒体を通して長谷章宏という個人の体験を通した視点からの様々な情報を発信してきましたので、今ここで改めて長谷章宏の自己紹介をするまでもなく、長谷章宏のバックグラウンドにある体験的データーベースと長谷章宏がカバーしている(扱える)分野、領域等々はもう十分に各位におわかりいただけたことと思います。
 
 
今回の記事は、これまでの長谷章宏の情報発信の流れからすれば唐突に感じられたかもしれませんが、現代社会の問題と新しい時代への解決策が出尽くした感もある「令和」という時代の大転換を迎えた今このタイミングで、一般社会での実体験に裏付けられた独自の視点と誰にも真似のできないノウハウで「現代社会のあらゆる問題をトータルでカバーできる”教育”のプロフェショナル/トータルライフコンサルタント 長谷章宏」として、改めて、各位、諸氏への長谷章宏原点回帰のご挨拶を兼ねた投稿をさせていただきました。


トータルライフコンサルタント 長谷章宏/長谷教育コンサルティングの本格稼働にあたっての今後の活動につきましては、政治、経済、国際情勢諸々のリアルタイムの情勢推移を勘案しながら適宜、最適のタイミングで当ブログにて発信していくことになりますので、具体的詳細につきましては、今しばらくお待ちください。
 

長谷章宏の持つ体験、情報、視点、ノウハウ、テクニック...が各位ご自身の再教育、学校教育の問題解決は言うに及ばず、日本という国の、ひいては世界の、人類の...立て直しの一助としてお役に立てることを願って、長谷章宏原点回帰のご報告まで。



2019(令和元)年7月8日

長谷教育コンサルティング 代表
 
トータルライフコンサルタント 長谷 章宏


*以下、SNS最新投稿を転載。


posted by HASE AKIHIRO at 18:11| 京都 ☁| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

【緊急投稿:補遺】『真・新しい時代を生きる人間学』?! 。。。 「新しい時代」とは?


前回【緊急投稿】の補遺として、本日付であらためて
 
「長谷プロジェクト実践講座/『真・新しい時代を生きる人間学』。。。開講」
(*2018.8.26.18:18 投稿記事)

 
を転載しておきます。


*テキスト講座 スタートアップガイド




*ライブ講座 実践プログラム完全ガイド

posted by HASE AKIHIRO at 12:47| 京都 ☀| 長谷プロジェクト実践講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

【追記】*諸情勢の急展開に鑑み、改めて...


(*「長谷章宏Facebook」2019.5.14 03:57 最終投稿を転載)
 

*諸情勢の急展開に鑑み、改めて本日付で下記投稿を。



ちなみに、2005年の本日5.14は一連のプロジェクト?の原点、0回曳舟セミナーだった。

 
 
あれから14年…。
 
 
  
明日は人類最後の?葵祭。
 
 
 
1414本番ステージ始動…
 
 
 
?!
 
 
はたして…
 
 
 
以上、長谷章宏からの最終投稿に代えて。

 
(*以下の2.27投稿記事は本ブログ転載:【お知らせ】長谷章宏(情報局)からの情報発信について...  

 
posted by HASE AKIHIRO at 03:57| 京都 ☁| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

【緊急投稿】原点回帰。「新しい時代」とは?

(*「長谷章宏Facebook」2019.5.9 19:20 最新投稿を転載)

原点回帰。「新しい時代」とは? 「令和」始動ということで、長谷章宏情報(局)の発信情報の総決算を兼ね、長谷章宏の原点、1994(平成6)年3月25日1刷刊行の「人生というゲームの新しい遊び方」(たま出版/*Amazon”なか見!検索"付リンク先サイト)をここであらためてご紹介しておきます。
 
本書刊行は、地下鉄サリン事件の一年前。当時の長谷章宏の視点から執筆したものですが、以来今日までの25年間に渡る日本の歩み、激動の世界(社会)情勢や長谷章宏情報の変遷等々、各位の人生、体験も重ね合わせながら、激動の「平成」の出来事を再定義して「令和」時代の行く末を見通す一助として、各位の新しい時代の生き方のヒントとして、あらためて読み直してみてください。
 
時節柄、巷では、「新しい時代」の姿や「日本再生/復活」への提言、預言や世界の行く末についての発信情報の真贋論争、真実や真相の暴露合戦?、生き方、成功ノウハウの奥義の公開ラッシュ...あたかも「天地創造前夜?の混沌/カオス」の中での生き残りを賭けたサバイバルゲームのごとき様相を呈した情報戦争ハルマゲドン?真っ只中。。。
 
「今、本当のところ、一体何が起きているのか?」
 
「これから先、世界はどうなるのか?」
 
本当の真実は一体どこに? 本当の21世紀とは? 人類滅亡の真実とは? 現代社会の問題、人類史を作った真の原因とは?....


すべての問題を一掃する解決策はあるのか?....
 

本当の「新しい時代」とは?....
 
etc...。

  

本日このタイミングであらためて、長谷章宏(情報局)発信情報の総決算を兼ねたリアルタイムシンクロ最新情報として、各位の(日本の、世界の....)「新しい時代」の生き方、日本再生/復活への羅針盤として「長谷章宏(”長谷本”/長谷情報&ノウハウ/情報局発信情報...)原点」の本書を。

 
posted by HASE AKIHIRO at 22:36| 京都 ☀| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

【お知らせ】長谷章宏情報局の運営終了について

 
国際情勢を含む社会のリアルな現状、情勢変化のスピードと今後の方向性並びに長谷章宏(情報局)以外の諸氏・諸組織の発信情報の比較検証、長谷章宏(情報局)の情報発信へのレスポンスの変遷と現状、長谷章宏の個人的環境の現状等々の諸情勢を総合的に判断した結果、この投稿をもちまして、長谷章宏情報局の運営並びに長谷章宏(情報局)主催によるインターネットサイト上並びに書籍等の文字媒体でのリアルタイム情報発信を終了することとしました。

これまでの長谷章宏(情報局)発信情報はそのまま残しておきますので、各位、各方面でお役にたてる情報がありましたら、どうぞ有効にご活用ください。
 
以上、諸情勢の急激な変動、想定外の急展開が予想される社会状況を鑑み、お知らせとリアルタイムメッセージを兼ねた長谷章宏(情報局)からの最終投稿とします。


2019.3.15 長谷章宏情報局主宰 長谷章宏
 
posted by HASE AKIHIRO at 05:22| 京都 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

真日本"復活"への提言


長谷プロジェクト最終ステージ始動にあたり、2019.03.01付最新記事(*2019.03.01 新訂版 PDF)として下記を。

 
    『真日本再生への提言』

 
初投稿から1年3ヶ月、文面としては同じですが、以降これまでの国内外の出来事と世界情勢の変遷、日本(国際)社会に横たわる諸問題の現状、各位の体験等々に加え、この間、長谷章宏情報局を通じて発信してきた情報の数々も重ねて、今ここで改めて読み直してみてください。果たして、各位は何を感じるでしょうか?
 

 
「本当のところ、日本には、今、いったい何が起きているのか?」


「これから先、日本は、世界は、そして、各位はどこに向かうのか?」


「掛け値無しの、本当の”新しい時代”とは?」

 
「日本が、世界が、各位が、本当の意味で”復活”するためには?」



などなど。
 
 


時節柄、巷では玉石真贋織り交ぜて様々な問題解決策や新しい時代への提言がなされ、曰く、もうこれしかない決定版?的な情報やノウハウが溢れていますが、果たして。。。




いよいよ新しい時代への臨場感が高まってきていることには誰しもに異論はないと思いますが、本当のところ、新しい日本、世界、そして各位の行く末に待ち受ける、掛け値無しの本当の真実とは。。。
 


 

長谷章宏情報局では、この先、「真日本"復活”」をテーマに、これまで発信されてきたあらゆる情報を実地検証を通じて解析/統合/俯瞰を重ねた末に導き出した長谷章宏独自の視点から、すぐに応用可能な生きた情報/ノウハウとして様々な形でご提供していきたいと考えています。


今後についての具体的詳細は、リアルタイムでの諸情勢の変遷を加味しつつアップデートした最新情報として発信していきたいと思いますので、今しばらくお待ちいただくことになりますが。。。




 

以上、まずは、これまでの総決算、本番へのプロローグとして、長谷章宏情報局リアルステージ本格稼働のご案内を兼ねたリアルタイム最新メッセージを。


2019.03.01 長谷章宏情報局主宰 長谷章宏
 
posted by HASE AKIHIRO at 22:07| 京都 ☀| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

【お知らせ】長谷章宏(情報局)からの情報発信について...

(*「長谷章宏 Facebook」最新投稿 2019.2.27 22:23 を転載。)
 

長谷章宏をめぐる諸情勢並びに長谷章宏以外の諸氏/媒体の発信情報、国際情勢を含む社会状況についてリアルタイムでの現状を総合的に検証/判断した結果、Twitter(「長谷章宏」「長谷章宏情報局」)及び Facebook(「長谷章宏 Facebook」と「長谷プロジェクト京都会議」「長谷章宏情報局-旧 長谷教育コンサルティング」Facebookページ 並びに「長谷章宏情報局 Facebook 非公開グループ/*新規のメンバー登録も含む」)での情報発信を終了することにしました。これまでの投稿はそのまま公開しておきますので、参考になる情報がありましたら、各位、ご自由にご活用ください。
 
時節柄、長谷章宏をめぐる状況の展開、変化が急激に加速しているため、これに対応する措置であることと、以後の情報発信を
 
「長谷章宏情報局 公式ブログ」
 
http://haseakihirocenter.seesaa.net/
 
に一本化することをお知らせして、この記事をもって(*長谷章宏 Facebookへの)最終投稿とします。
 
以上、長谷章宏(情報局)からの最新メッセージを兼ねて。


 

 
 
posted by HASE AKIHIRO at 23:32| 京都 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

【お知らせ】長谷プロジェクト京都会議 開設。。。


長谷プロジェクト復活/再起動の準備が整いましたので、新しい時代に向けた情報発信元として【長谷プロジェクト京都会議 Facebookページ】を開設/公開しました。今後の長谷章宏情報局リアルフィールドミッション/プロジェクト関連の各種情報はこちら から発信します。

これまでの長谷章宏(情報局)発信の情報群と合わせ、各位、各方面における新時代の日本再生に向けた提言/問題解決の一助としてご活用ください。


2019.1.6 長谷章宏情報局主宰 長谷章宏

posted by HASE AKIHIRO at 19:18| 京都 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

《特別公開記事》人類滅亡?。。。/Facebook非公開グループ【長谷章宏情報局】最新投稿転載。

*2018.12.06 12:36 最新編集投稿


(*2018.12.6 12:36 加筆編集投稿)

真釣り外した神々(に共振/狂信した人類/人民)が創造(想像)した限りある世界(「汝らの仕組みし世」)の終末が現界(物理空間)で認識できるようになった(九分九厘極まった)だけであって、世界が滅亡するわけでも自身が消滅するわけでもない。

本来、神法違反の神々は存在できないが、一度だけ、岩戸(結界)を閉めて改心の機会を与えた。しかし、改心どころか「全知全能」を自称する「絶対神」?と同調する神々が身欲を動機に世界支配の野望を成就すべく、下位の神々に天国を叶えられると思い込ませる巧妙なシステムを作り、神々に同調する人民同士の相互監視システムを維持しながら、自らの野望を巧妙に隠し続けて飴と鞭(希望と恐怖)を絶妙に使い分けながら、進歩発展進化=文明世界をここまで現象化させてきた。そして、いよいよ世界支配が九分九厘完成したところで、最後の仕上げにかかろうとしている。。。

が。。。

火水伝文用語?で表現してみたが、要は、人類滅亡というか、初めから滅亡している本来「ない」はずの世界(幻想)が箱の中で滅亡する(神法違反の箱が消える)だけであって、それは、本来の世界に戻るだけのこと。。。つまりは、自称「全知全能の絶対神」は箱の中での全知全能という条件付きであり、箱そのものを作ったわけではないので、自ら自身の行く末を知らない。絶対神にスコトーマがある限り、箱の中の全ての存在は自らの正体を知らぬまま、終わりのない際限なき天地創造?を進めてしまう。。。箱の中が全滅する=本来の元の神法そのままの世界が復活(これも箱の中の存在のイメージする概念)するだけのことで、自らのしたことのケツを拭く、プラスした分マイナスするという法則通りに「こと」が起きるだけで、いつまで待っても自ら改心しない(プラスを求め続ける/際限のない逆さまの天国創造物語を続ける)世界を九分九厘で一気にプラスマイナス、ゼロに戻す仕組みが発動するようにセッティングした刻限が来て、相応の事象が起きるというだけである。

無理矢理言葉で表現すればこうなるが、神々含む皆々様は、さてどうなさるおつもりだろうか?

「すべて」が消えることはなく、箱の中でイメージする「すべて」をイメージする自分?が目覚めるだけのことなのだが。。。

ただし、箱の中では「身欲を動機にいい思いをした分、きっちりと地獄?を体験することになる」が、先に借金で楽しんだ分、きっちりと支払いをするだけの当たり前のことであり、どう逃げようともその時はくる(借りの返済を逃げ回ること自体、「人間の社会」でも認められていないのでは?)のであって、このことを否定/批判/無視するその思いそのものが、神法違反の動かぬ証拠であり、どう言い繕っても、(生死時空を超えて)どう逃げ回っても、その刻限は「猶予の箱」を作った時点で同時に設定されていて、自らが箱を作っていない限り、「その時」を避けることは(「全知全能の絶対神?」にも)不可能なのである。

堂々巡りの借銭返済行動の回避をいつまでも続けることは「神法システム上」できない。

長谷章宏がなぜこれを書けるのか? 長谷章宏の役目は? 長谷章宏の正体は? 長谷章宏に反論する=このことを認識した=知らなかったとは言えない=要は、長谷章宏にどう反応するかで自らの「一括払い?の地獄(痛み/苦しみ/恐怖感)の度合い」が決まるだけのことで、自作自演である限り、それは自業自得、自審自懲の仕組みであり、実際のところは、人類?が言うところの「神の裁き」などない。言い換えると、「悪魔」もいない。

「自らの神法違反天国での快楽体験相応の懲役=地獄の怪烙体験?を経て、収支決算がゼロになった、つまりは、返済が完了した瞬間、箱の外(箱の中から見たら)にずっとある(いわゆる)ミロクという現実で目を覚ます」というのが「こと」の真相である。

以上、下記の記事を読んで思いに上がってくるままにリアルタイムで言葉に変換していくとこうなったが、これまでの全ての長谷章宏情報も重ねた今この時点での長谷章宏最新リアルタイムシンクロメッセージとして、長谷章宏情報局からの最新情報を兼ねてお伝えしておくことにする。

しかるべく。

さて。。。


TOCANA 知的好奇心の扉 トカナ/2018.12.06
【保存版】ノストラダムスの「まだ実現していない9の予言」が恐すぎる! 第三次世界大戦、大地震、人類滅亡・・・絶望的未来がズラリ


posted by HASE AKIHIRO at 13:41| 京都 ☁| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

《特別公開記事》長谷プロジェクト本番始動。。。/Facebook非公開グループ【長谷章宏情報局】最新投稿転載。

*2018.11.20 16:18 最新編集投稿


ちなみに、明日、11月21日。2008年のこの日、死体遺棄罪で起訴された。その後はご存知の通り。「推定無罪」とは名ばかりの、検察の起訴事実をそのまま採用した(都合上、減刑はしたが)地裁の実刑判決を高裁、最高裁で維持する形だけの法廷ゲームの後、2011.6.14強制執行連行して5年3ヶ月収監、2016.9.8仮釈放、2017年1月26日刑期満了を経て本日まで、10年に及ぶ長谷章宏封印プロジェクト?の確定の日(結理死去から逮捕取り調べまで含めれば、10年半)であり、霊的、法的拘束は今この瞬間も続いている。
が。。。

posted by HASE AKIHIRO at 17:11| 京都 ☀| 長谷プロジェクト実践講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

《特別公開記事》「長谷っ子になろう!」。。。/Facebook非公開グループ【長谷章宏情報局】最新投稿転載。

*2018.10.18 11:18 最新編集投稿

本日、20 18.10.18。旧暦9.10。十八十十八。九十。卆。卒。十八+十八=三十六。36。九。まっすぐ伸ばしたら十。。。ちなみに、明日は、旧暦 9.11。。。

型示し遊び、もとい、アナグラム/カッバーラ解読はキリがないのでここまで。各位、数字迷路に囚われない範囲で、自分現実に投影されたメッセージを読み取ってみたらよい。

事実は一つしかないが。。。

それを行動して、いや、その世界そのもので生きて、初めて、「真実」がわかる(身をもって体感する現実にかわる)。。。

長谷章宏はあくまでも雛型、見本、モデル、例題、「例えばこんな風にやってみたら?」、お習字のお手本のようなもの。。。で、いつまでも師範のお手本を写してなぞっていても謎のママ。。。師範から、親から、独立して、自らの足で自らの人生を歩まなければ、いつまでも奴隷、コントロールされたママ。。。誰かに何かに文句をつけても、誰かに何かに寄りかかっても、いつまでたっても自由にはならない。

長谷章宏になる=長谷章宏を生きる=本当の「本当の自分」の生を復活するということである。

本当に完全に、誰からも、時空からも、生死からも自由になったと感じたとき、ミロクに戻ったことになる。形や現象がどうあれ、自分がその感覚に嘘偽りなく一体化したと心底体感できたなら、どこにいようと、何が起きようと、全く心配ご無用、「安心いたして見ておるがよいぞ」(火水伝文)の現実が全身全霊で得心する状態で現象化する。

少しでも早く、長谷章宏がたくさん出現してもらいたいものである。長谷章宏とは。。。

「いいのかどうか?」

初めて体験する現実だとしたら、自分以外の誰が答えてくれるのか?自分以外に確認するから操られることになる。その結果、何が起きようとも、自分の選択した結果の自己責任しかないので、誰にも文句は言えない(のに、文句を言い続けているのはなぜなのか?文句を言い続ける現実がお望みなのか?嫌なら、やめればよいだけなのだが。)。

初めての現実について「これでいいのか?」と聞くならば、自分が自分に確認を与えるしかないのだが、おわかりかな?

『人生ゲーム』(*註:拙著『人生というゲームの新しい遊び方』)の奥義をマスターしたら、即、ミロク復活。。。後は、これまでの生き方の癖を取っていくリハビリの苦しさが続くだけで、それは、いつまでも続くわけではない。そして、ある時点で(それはいつなのか?というくだらない質問はやめよう)全員が物理的現実として現象として自己立証することになる。

日本再生復活の真意とは。。。

「そういうこと」なので、各位、それぞれしかるべくどうぞ。。。

長谷章宏の言語化したメッセージから「今、何が起きているのか?」「今どうすればいいのか?」を自分に聞いて自分と相談してその答えを素直に生きていけば本当に望む現実に切り替わっていく。

自分は自分を誤魔化せないし、自分の望む現実かどうかは自分にしか評価できない。

長谷章宏奥義。

人生ゲームノウハウの要。

長谷章宏を使い倒して「長谷っ子になろう!」(*註:2005.11 鎌倉市長谷「長谷幼稚園」園児募集ポスターより)

長谷章宏の体感的現実が変わったのはわかると思うが、いよいよ、来たるべき時が目前に迫っている。。。

自由という囚われから自由になると、神はいるけどいないいないけどいる状態が体感できるようになり、すべての議論から解放される。

自分でかけた呪詛は自分しか解けない。。。

誰でもわかる簡単なことができなくなってしまったガチガチの者たちによる共同幻想の生み出した物理世界を解放する方法はただ一つしかない。

究極の、いや、唯一のスコトーマは自分自身。。。

盲点に自由への鍵がある。

すべては象徴であり、本体は、本物は一つ。世界丸ごとピント外れのものに囚われている。

真実は一つ。事実は一つ。

「それはなんだろう?」

自分ならどう答えるか?

それが真実、事実。

ただ一つの。

真実を生きれば真実が現実になる。

ミロクも天国も自由も方便であることをお忘れなく。

タブーなどどこにもない。

自分が「ある」と言わない限りは。

ではご自由に、しかるべく。

今ここ即ちミロク。。。

今までもこれからも。

始めなき初めから終わりなき終わりまで。

長谷章宏、本番。

完。

以上、現瞬間の長谷章宏から。

「ここにしかない、各位の自由へのチケット、長谷章宏からの最新ギフト」を各位へ。

参考まで。

さて。。。

posted by HASE AKIHIRO at 11:48| 京都 ☀| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

《終了》※当日席受付※【本告知限定で公開】2018 長谷章宏緊急ライブセッション in 京都


*2018.9.2予告/9.26公開/9.28(追加予約受付)/9.28(当日受付手続き&当日席会費改定)


【本告知限定で公開】

長らくお待たせしていましたが、諸情勢分析検証と提供プログラムの精査調整が完了しましたので、以下、セッション開催要項の詳細をお知らせします。なお、ご予約に際し、プログラム構成並びに提供情報は「Facebook非公開グループ【長谷章宏情報局】メンバーへの”限定公開情報”」も加味したものとなりますことを予めご承知おきください。



2018 長谷章宏緊急ライブセッション in 京都 開催要項 終了しました


進化論、創造論、陰謀論。。。現実創造メカニズムに潜む究極のトラップ。宗教も科学も”気づけない”【イエス・キリスト復活】が意味する掛値なしの真実とは?

混沌の世界情勢のシナリオを作り出した”誰も気づけない”人類史の根底に流れる創造メカニズムのトラップと真実。。。長谷章宏とのリアルタイムの時空共有空間でしか伝授できない”最高機密”を含む”長谷章宏情報局以外には入手不可能な最新情報”の公開を兼ねた緊急ライブセッションを開催します。

巷に溢れている喧々諤々の真贋論争や問題解決法の盲点(矛盾)、”公開されている”機密情報(裏情報)についての検証を交えながら「今、日本(世界)で本当は何が起きているのか?」「本当のところ、この先の世界に何が待ち受けているのか? これからどう生きていけばいいのか?」という問いに対する最終解答、言い換えれば、歴史上に存在してきたすべての謎(現代社会に存在するすべての問題、課題)を一掃する【本当の創造メカニズムに基づいた掛け値なしの本当の真実】をお渡しします。

※当日の受講者の反応に合わせて適宜、講義、ワーク、質疑応答を織り交ぜて実施するライブセッション形式での2時間×3単位の1日講座(途中、12:30〜14:00に昼食休憩、16:00前後に20分位の小休憩)となります。


日時:2018.9.29 (土) 10:30〜 18:00(10:00開場)
(※ 進行状況により最大18:30まで延長する場合があります)
《予約受付》26(水)只今〜20:00/明日27(木) 10:00〜21:00
《追加予約受付》本日28(金)12:20〜14:20 (※追加予約席の会費となります)予約受付終了
《受講手続》開場時刻〜10:30 締切(当日席:開講後途中入室可ですが会費は同額となります)
(※ 受付締切時刻前に満席になった場合は講座を開始します)
会場:TKP京都四条烏丸カンファレンスセンター ホール 2Aアクセス
*〒600-8423 京都府京都市下京区仏光寺通室町東入釘隠町247番 コーエーレオ 2F
定員:100名 (当日席受付)
会費:700,000円(当日席/時間内同額/振込[予約]証明提示*
   〈※予約支払最終期限:2018.9.28(金)14:50〉予約受付終了

*【当日席の会費支払について】当日席会費を振込指定口座へ振込(予約)手続きをした上でご来場いただき、受講手続き時に受講メモと振込(予約)証明書原本又は振込(予約)済であることを証明できるアプリ等の画面を提示してください。なお、受講メモは「氏名、電話、アドレス、振込(予約)日時、指定口座への入金予定日、振込をした銀行名、振込名義人名」を記入したものをご用意ください。

*当方のセッション受講手続規定により、入金済み会費の返金、受講できなかった場合の交通費等の補償はできません。また、10月1日(月)15:00までに当日席会費の振込指定口座への入金が確認できない場合は、当該セッション開催日以後に開催されるすべてのセッションについて予約はお受けできなくなりますので、その点、ご注意ください。

*セッションの内容(本サイト内の記事も参考にしてください)、「セッション受講について」並びに「予約制セッションについて」(それぞれ最新の改定版)の説明をよくお読みいただき、記載事項に同意の上でご予約、ご来場ください。

★個人情報の取り扱いにつきましては「プライバシーポリシー」の項をご覧ください。
posted by HASE AKIHIRO at 10:30| 京都 ☁| 長谷章宏ゼミナール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする